4月

25

1坪洗面室

我が家の洗面室の広さは1坪です。最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられることも多く、我が家も本当はそれを希望しました。収納スペースの確保やLDKを優先させたことで結局1坪の洗面室となったのです。しかし限られた広さの1坪ですが、無駄なスペースを生まず、空間を最大限に有効活用させることで使いやすく、必要な物がきちんと揃えられる空間が広がっているのです。

まずドアを引き戸にします。引き戸にすることで洗面室内にデッドスペースが生まれません。そして窓は天井近くの高い位置に設置しました。高い位置に設置することで窓を物で塞いでしまうことがなく、明るさや通風の確保ができますし、有効に使える壁面を確保できるのです。チェーンで開閉できるものを採用しました。洗面台と洗濯機は隣合わせに配置しています。これらの間には30㎝ほどの隙間が生まれたのですが、その隙間をそのままにするのではなく、洗面台と同じ高さと奥行の隙間収納を設けました。これが意外と収納力があり、お化粧道具やヘアアイロン、洗濯関連用品やタオルなどしっかりと収納できています。

そして、洗濯機の上部には可動オープン棚を設けています。収納カゴに家族の下着やパジャマをしっかりと整理できています。入浴時には着替えやタオルの一時置きがあると便利です。しかし、カウンターを設けるとスペースに影響してくるので、開閉式カウンターを造り付けました。使わない時は壁にスッキリと収まるので作業がしやすく空間に圧迫感を与えることもないのです。このように1坪でも工夫をすることで便利で使いやすい空間に仕上げられるのです。


Comments are closed.