6月

21

マルチニッチのある家

先日遊びに行った友人宅にはリビングにマルチニッチが設けられていました。このニッチとは、壁の厚みをくぼませて、飾り棚として利用したり、収納スペースとして利用させることができるものです。壁の厚みまで無駄にしない家造りとしてこのニッチは多く用いられています。

友人宅にあったマルチニッチはLDKのアクセントとなっていました。一部分は提示スペースとして利用していました。カレンダーや学校からもらってくるプリントがここに掲示されていました。家族みんなが目に付きやすい部分に掲示コーナーがあることでスケジュールを管理しやすく便利だと思います。

その下はマガジンラックのニッチが設けられていました。もちろん飾り棚としてのニッチ設けられていました。機能性とデザイン性を兼ね備えた印象を受けました。そして一番目を引いたのが、リモコンニッチです。照明スイッチや給湯スイッチ、インターホンモニターや太陽光モニターなどリビングの壁に取り付けるスイッチは多いです。これらが壁に取り付けられているとごちゃごちゃした印象に感じますし、生活感を感じやすくなります。これらをニッチ内に収めることでスッキリと生活感を感じにくくなるのです。

また洗面室にもニッチが設けられていました。洗面室は収納しておきたいものが意外と多いです。しかし広さに限りのある洗面室の収納力をアップさせるには壁厚を大いに有効活用させるといいのです。奥行がないため、タオルを丸めて立てて収納したり、シャンプーなどのストック品を収納できる便利なニッチが設けられていました。目に入ると生活感を感じるためニッチの前に扉が設けられていました。壁の厚みも無駄にせず有効活用させましょう。


Comments are closed.