10月

31

キッチンカウンターの下

以前はキッチンカウンターの背面はただの壁でした。
しかし最近ではカウンター下を収納スペースや飾り棚として有効活用させるスタイルが人気を高めています。
友人宅はカウンター下をマガジンラックとして活用させていました。
また私が先日見に行ったモデルハウスではカウンター下を飾り棚としてダイニングを雰囲気をオシャレに見せていました。

今まではただの壁だった部分を飾り棚やちょっとした収納スペースとして活用させることでキッチンやダイニングのインテリアとして華やかにもしてくれたり、テーブルや床に散らかりそうな物をきちんと収納することができるようになるので大変有効的なことだなと思います。

先日私はマンションのモデルルームを見に行きました。
マンションのキッチンカウンターの下にも壁一面に開き戸タイプの収納スペースと引き出しタイプの収納が設けられていました。
住宅への満足度を高めるには収納への不満を払拭することが大変重要なのです。
それを実現させるためにもキッチンカウンターの下スペースを有効活用させるのはこれからますます人気を高めていくのではないかと思っています。

キッチンカウンターを広めにとり、朝食などサッと食事をできるスペースを設ける人も多いです。
キッチンカウンターの活用方法は今まで以上に幅を広げています。
キッチンの充実にも繋がるのでキッチンカウンターを重視してみるのもいいのではないでしょうか。
キッチンは女性の城です。家事をしやすく、また休憩もしやすい場所でもあってほしいですね。


Comments are closed.